Galaxy Watch
PR

【レビュー】Galaxy Watch6無印とClassicどっちがオススメ?比較解説

ららりijam
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

はじめに

Galaxy Watchシリーズから「Galaxy Watch6」と「Galaxy Watch6 Classic」が発売されました。
念願のFelica対応などで注目を集めていいるスマートウォッチです!

本記事では、主な違いについて検証解説してます。
購入の参考にしていただければ幸いです!

無印:40mm,Classic:48mmの比較レビューになります。

前モデルの「Galaxy Watch5」との比較はこちらをご参照ください。

あわせて読みたい
【レビュー】Galaxy Watch5とWatch6の違いは?比較解説
【レビュー】Galaxy Watch5とWatch6の違いは?比較解説

結論

機能面で大きな差はない。デザインと値段で考えるのがベスト

基本的にできることは一緒です。詳細については下記をご参照ください。

あわせて読みたい
【レビュー】Galaxy Watch6 classicでできることは?スペック・機能解説!
【レビュー】Galaxy Watch6 classicでできることは?スペック・機能解説!
Galaxy
¥43,800 (2024/05/24 17:19時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
Galaxy
¥61,400 (2024/05/25 06:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

外観やスペック違い

外観

無印は軽量かつスタイリッシュなデザイン。

気軽に出かける際のお供によさそうな印象でした!

一方Classicの方はずっしりしており時計っぽさが強いです。

高級感のあるスマートウォッチです!

ベセル

無印はタッチベゼル,Classicは回転ベゼルを採用しています。

Classiの方物理的にベゼルを回転し操作するためメカニカルな感じが人気です。

Classicほどではないですが、無印のの操作性もなかなかでした!

タッチベゼルを操作する際の振動は癖になります。

大きさの種類

無印   :40mm,44mm
Classic:43mm,47mm

無印とClassicではそれぞれ2つの大きさのバリエーションが存在します。
自身の腕のサイズに合う大きさを家電量販店等でぜひ試してみてください!

補足

実はディスプレイの大きさは以下の通りとなっています。

無印:40mm=Classic:43mm

無印:44mm=Classic:47mm

Classicの方は回転ベゼル搭載している分、一回り大きく見える印象です。

主な差異表

項目無印
40mm
無印
44mm
Classic
43mm
Classic
47mm
ベゼルタッチタッチ回転回転
重さ28.7g33.3g52.0g59.0g
バッテーリー300mAh425mAh300mAh425mAh
値段
※目安
5万5.2万6.6万7.2万

まとめ

無印がオススメな方

Galaxy
¥43,800 (2024/05/24 17:19時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

スタイリッシュなデザインが好みな方

軽量かつコスパ重視な方

Classicがオススメな方

Galaxy
¥61,400 (2024/05/25 06:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

高級感のある時計っぽさが好みの方

重量・値段をそこまで重視していない方

補足

無印:40mm,Classic:48mmでは値段と重さにかなり差があります。自身にあったGalaxy Watch6シリーズの購入検討に役立てていただければ幸いです!

重量の差:30gほど

価格差 :2万円ほど

あわせて読みたい
おサイフ(Felica)非対応スマホでGalaxy Watch6は使える?検証・解説
おサイフ(Felica)非対応スマホでGalaxy Watch6は使える?検証・解説
あわせて読みたい
Felica(おサイフケータイ)対応!おすすめスマートウォッチ4選
Felica(おサイフケータイ)対応!おすすめスマートウォッチ4選
ABOUT ME
rararijam
rararijam
ブロガー/システムエンジニア
SE職4年目。新しいガジェットに触れることが趣味。お問い合わせはメールまたはDMまでお願いします!
記事URLをコピーしました